仕事は時給の高さだけでは決めるのはとても危険
仕事は時給の高さだけでは決めるのはとても危険

時給制でもけっこう給料を稼げます

時給制のアルバイトやパートの方でも1日の勤務時間や勤務日数を増やすと意外と給料を稼ぐことが出来ます。時給というと勤務時間が少なかったり、勤務日数に限りがあるなどと考えている方がいますが、そのような事はありません。ご自分で都合が付けば勤務時間などは何時間でも構いません。勤務日数に付いても指定はありません。ただし、労働基準法で定められた時間数異常は勤務する事は出来ません。本当にお金の必要な方もいます。

そのような方は、時給の少し高くなる日曜日や祭日など勤務の人手の少ない時に長い時間勤務する事が出来ます。また、深夜などの時間がある場合には、そのような時間帯に多く勤務される方もいます。求人募集に時給と載っている事で、勤務が短時間しか出来ないと思われがちですが、求人募集をした企業にしてみれば、1日の内で何度も人材が入れ替わるよりも、なるべく長く勤務して貰える方の方が、企業の内容なども良く把握しているので助かる場合があります。

時給の良さは長く勤務していると少しずつ金額を上げてくれる企業がある事です。また、労働時間の時間数などもすぐに把握できるので、基準を上回ったりする事が無い事です。ご自分で基準時間数ぎりぎりまで勤務した場合には、かなり給料も多くもらう事が出来ます。